≪最終更新日≫2019年02月09日

脂肪燃焼っ!

副管理人次郎副管理人次郎

脂肪が増えると、体にたるみが目立ち見た目が良くないだけでなく、生活習慣病の原因になってしまいます。脂肪を順調に減らすには、食べて摂取するカロリーより、動いて消費するカロリーを多くすることです。

また、重すぎる夕食が一番脂肪をためやすいといわれており、夕食を軽めにするだけで、寝ている間に効率よく脂肪が燃焼されます。

そもそも脂肪とは?

お腹まわりや二の腕がたるむと「脂肪がつきすぎたかな?」と思いますが、脂肪は体にとってはなくてはならない重要な役割を持っています。体を動かすのにはエネルギーが必要ですが、脂肪はそのエネルギーを蓄えて体を守る役目もしています。

体脂肪率が15%以下になると痩せすぎの状態といわれますが、体脂肪が少なすぎても気温の変化に対応しきれず、病原菌に対する抵抗力も衰え健康をそこねやすくなります。

多すぎるのは肥満症を招き生活習慣病の原因となってしまうので、もちろんよくありませんが、少なすぎても問題があるようです。

脂肪の種類について

私たちの血液の中に含まれている脂質には「コレステロール」「中性脂肪」「リン脂質」「遊離脂肪酸」があります。これらの脂質のうち特に注意の必要なのが、コレステロールと中性脂肪で、標準値よりも多くなると高脂血症になる恐れがあります。

脂肪とは一般的に体全体の体脂肪のことを言いますが、脂肪は、中性脂肪や内臓脂肪、皮下脂肪などがありそれぞれ微妙に違ってきます。

中性脂肪とは

中性脂肪はトリグリセリドともいい、アルカリ性でも酸性でもないことから中性脂肪と呼ばれていますが、皮下脂肪としてエネルギーを蓄える役目があります。
しかし過剰に摂取しすぎると、脂肪肝になる可能性もあります。

皮下脂肪とは

皮膚のすぐ下にある脂肪で、指でつまめる脂肪です。
女性の美しいボディラインは適度な皮下脂肪がついているからですが、多すぎるとたるみがでて、見た目が悪くなってしまいます。

内臓脂肪とは

内臓脂肪はメタボリックシンドロームの原因とも言われる脂肪で、腸間膜につく脂肪です。

皮下脂肪がつまめるのに比べ、内臓脂肪はつまむことができません。

内臓脂肪は女性より男性に多く、高脂血症、動脈硬化、糖尿病、高血圧など生活習慣病の引き金となってしまいます。

脂肪が燃えるとはどういうことなの?

呼吸をしている限り、二酸化炭素を吐いているので脂肪はいつも燃焼しています。体を動かすたびに筋肉が動きますが、筋肉を動かすためのエネルギーは脂肪をもとにつくられます。

肥満になると、エネルギーのもとはたくさんあっても筋肉が少ないので、脂肪が燃えません。脂肪を燃やすためには、筋トレをして筋肉量を増やし、有酸素運動で酵素をとり入れる必要があります。

冬は脂肪が燃えにくい?

動物は、寒い冬を乗り切るために脂肪を蓄える本能があります。

食欲の秋といわれますが、冬に備えて脂肪をつけておくためにたいていの人が秋から冬にかけて脂肪がつきやすくなります。

しかし、寒い冬は体温を維持するためにエネルギーを使うため、効率よく脂肪を落とすことができる季節でもあるのです。

ただ、人によっては寒すぎるとどうしても日常をアクティブに過ごすことができず、少し春めいてきてからの方が、薄着になる前に脂肪を減らしたいとモチベーションが上がり、一気に痩せることができるようです。

食べ物で脂肪を燃やす方法

無理な食事制限は代謝が悪くなり、体重が減っても体脂肪はなかなか減りません。できれば脂肪燃焼効果のある食材を取り入れて効果的に脂肪を減らしたいものです。

涙ぐましい努力をしても結局バウンドしてしまうダイエットなら意味がありません。急激にやせると、体脂肪ばかりか筋肉も落ちてしまいます。リバウンドすることなく体脂肪を減らすには、脂肪がつく原因になった食生活を見直し、バランスのとれた食事を心がけることが大切です。

脂肪を燃焼させるのに効果的な食べ物

  • 赤身のステーキに含まれるL‐カルニチンに、脂肪燃焼効果があります。
  • イワシやサバなど青魚に含まれるEPA、DHAが脂肪燃焼を促します。
  • レバーは、ビタミンB1、B2、B6と脂肪を燃焼させる作用のあるビタミン類をすべて含んだ食品です。
  • 卵もビタミンB群を多く含みます。
  • 海藻類は、ミネラルが豊富で、脂質や糖質の代謝を促進する作用があります。
  • アーモンド、クルミ、落花生などのナッツ類はビタミンE を豊富に含み
  • コーヒーは、砂糖やミルクを入れずに飲むと、脂肪を分解するリパーゼが効果的に働きます。

その他にも、唐辛子、ショウガ、グレープフルーツ、緑黄野菜などです。

脂肪が燃えるメカニズム

脂肪細胞には「白色脂肪細胞」と「褐色脂肪細胞」があります。一般的に体脂肪とは白色脂肪細胞のことを言います。

褐色細胞とは脂肪を燃焼させる働きがあり、褐色脂肪が活発に働かない人は太りやすいと言われています。白色脂肪細胞にたまった中性脂肪は、褐色細胞の活性化によって分解されます。

蓄積された脂肪は、食べ過ぎなどによって過剰に作られたものですが、この蓄積された脂肪を消費してしまうことが体脂肪を減らすことです。

消費するには効果的な食事と運動が必要で、いったん蓄えられた脂肪は、そのままでは消費できません。

効果的な運動方法と食事で脂肪は燃える

運動はややきつめで心拍数が1分間に100くらいを目安としたウオーキングなどの有酸素運動を1日30分~1時間くらいおこなうのが理想的です。また、有酸素運動の前に腹筋や背筋などの筋トレをすると、より脂肪燃焼効果を得ることができます。

また脂肪をためない食事は、早食いをしないこと、テレビや新聞を見ながらのながら食いをしないこと、つまみ食いをしないこと、残り物を食べないこと、間食は時間を決めて少量だけにするか食べないこと、夕食の量を減らし就寝の3時間前にはノンカロリーのもの以外はか口にしないことです。

脂肪を燃やすその他の方法

脂肪燃焼系インナー

体に脂肪がつき始めたら、減らす努力の前に隠そうとしてしまいがちです。女性ならお腹や腰回り、二の腕などが隠れるようなファッションをしがちですが、それでは増々脂肪を増やしてしまいます。

男性もサイドにゴムのついたズボンなどを用いるようになると、少々の運動では脂肪は減りません。運動や食事制限が思うように進まない場合は、脂肪燃焼系のインナーを試すのも一手です。

例えば、着圧スパッツ、レギンス、インナーシャツ、パンツ、メンズコンプレッショントップス、Tシャツ、レデイ―スタンクトップ、キャミソール、ガードル、ショーツなどが各メーカーから優れた商品が販売されています。

インターネット通販などでも手軽に購入できます。

スリミングジェル

お腹や太もも、お尻などをスリミングジェルを用いてマッサージをすると、ただマッサージするより脂肪が落ちやすくなるようです。

ダイエットスリッパ

ふくらはぎなど足痩せに手軽に試せるダイエットスリッパは、つま先立ちをしているのと同じなので、普通のスリッパよりカロリーの消費量が多くなります。

フラフープ

フラフープはその昔、アメリカからやってきたエクササイズグッズです。単なる遊びの域を超え、消費カロリーが高い上に骨盤を矯正する作用もあり、効率よく脂肪が燃焼できて、すっきりとした下半身が作られます。

脂肪を燃やすことについてまとめ

いったん脂肪のついてしまった体は、運動だけ、食事だけなど一種類だけではなかなか取れません。

下着を脂肪燃焼系のものに変えてみたり、お気に入りのグッズを使って、さまざまな角度から脂肪を燃焼させていきましょう。

脂肪を燃やすには?に関する口コミ・みんなの声

脂肪燃焼は運動だけではない!

脂肪を燃やすには?に関する口コミ・みんなの声1脂肪を燃焼させるために私が実践したのは、まず有酸素運動です。有酸素運動は、エアロバイクやウォーキングをスポーツクラブで行っていましたが、それと並行して、脂肪の燃焼のために脂肪燃焼スープを飲んでいました。また生姜パウダーを摂取することを心掛けていました。

脂肪燃焼スープとは、野菜を中心として低カロリーのものをたくさん入れて作りました。温かいので、体全体が温まります。また低カロリーなのでたくさん食べてもカロリーを抑えることが出来るので、満足感があるのですね。ただ始めは野菜がたくさん入っているので、ビタミンも豊富で良いと考えていましたが、ビタミンは、熱に弱くスープを作ることでビタミンは破壊されてしまいます。そのためスープからのビタミン摂取は期待できないと思い、ビタミンは別の方法で摂取していました。

またもともと冷え性だったので、しょうがを食事の中で摂取していました。しかし生姜をすったりするのはなかなか手間がかかるのです。そこでもっと手軽に取る方法はないかと考え、生姜パウダーを使用するようになったのです。生姜パウダーはスープに混ぜたり、ちょっとおかずにかけたりして、手軽に使えます。また生姜を取ると、体がポカポカしてくるのです。スープにも生姜にも直接脂肪を燃焼させる効果はありません。しかし身体を温め、代謝を上げるためにはとても効果的なものなのです。

それまでは冬になると冷え性に悩まされていたことも多いですが、脂肪燃焼スープと生姜スープを摂取し始めてからは、冷え性を以前ほど感じなくなりました。体温が上がったということでしょう。また運動をしても汗をかきやすくなりました。その結果運動をしても汗をかいて、脂肪燃焼につながったと思います。冬の間太りやすかった私ですが、脂肪燃焼スープと生姜パウダーのお陰で、冬を太らずに乗り越えることが出来るようになりました。

もしも脂肪燃焼が思うようにいかないという人もいるでしょう。しかし体を温める物を意識して摂取することにより、脂肪燃焼を促進することが出来るのです。

脂肪燃焼にお勧めの有酸素運動とは…

脂肪を燃やすには?に関する口コミ・みんなの声2脂肪燃焼をするのにお勧めなのは有酸素運動です。有酸素運動というのは、体への負担は少なめで長時間運動可能なものを指します。

有名なものでいえばウォーキング・ジョギング・水泳等ですね。どれも1時間でも運動可能なものです。運動する時間は短くてもいいです。

昔は有酸素運動で脂肪燃焼するのは20分以上経過してからと言われてましたが、今は有酸素運動を始めた時から脂肪燃焼するとわかってます。

ただ、ここで気をつけて欲しいのはそのペースです。ゆっくりやり過ぎると効率は落ちる、ハードトレーニングになると息が上がって無酸素運動となるので注意が必要です。

例えばウォーキングだと成人男性なら時速5.5km前後、成人女性なら時速5kmぐらいがお勧めです。

一般的に成人の平均時速は4kmとされているので、早歩きを意識すれば大体このぐらいのペースでウォーング出来ると思います。

10分も続ければ背中や額にうっすら汗が滲んだり体温上昇を感じる、これぐらいのペース維持を目指してみてください。

ウォーキング・ジョギング・水泳って外で行うものなので毎日するとなると難しいんですよね。

雨天だったり外に出るのが面倒な時ってありますから。こういう時の為に自宅で出来る有酸素運動も覚えておきましょう。

私のお勧めは掃除です。部屋がキレイになって有酸素運動で脂肪燃焼も出来るんですから一石二鳥です。拭き方は好き好きでOKですが、普段より丁寧に一生懸命しましょう。

雑巾を手に持って床を拭いてもらってもいいですし、モップのように柄のあるものを使って床を拭いてくれてもいいんです。

モップだと効果が薄そうと感じるかもしれませんが、モップで拭く場合でも背中と腕の筋肉をかなり使います。

重要なのは丁寧に部屋の隅々まですることです。いつもより30分~1時間多く掃除するって感じでしてくれれば十分効果は出ます。

エクササイズでお勧めなのはフラフープです。広めのスペースを確保しないと出来ないという欠点はありますが、遊び感覚で出来るのがいいですね。

特にお腹と腰周りの筋肉を捻るように使うので、横っ腹引き締め効果も期待出来ます。

30分でウォーキング1時間分ぐらいのカロリー消費と効果も高く、毎日でもして欲しいエクササイズです。

上記の方法で気をつけて欲しいのは同じ方法を継続するっていうのはかなり難しいということです。

ウォーキング一つにしても毎日同じコースだと飽きてしまいますよね。エクササイズを楽しく出来ないと毎日実行するのはストレスに感じますし、途中で投げ出してしまう可能性も高くなります。

そこでウォーキングをするにしても違うコースにしたり、毎日せずに他のエクササイズをしたりと気分転換をして楽しみながらするのがお勧めです。

気が付けば脂肪が燃えている「ルーティン」を作りましょう

脂肪を燃やすには?に関する口コミ・みんなの声3日本におけるダイエットの歴史は半世紀以上を超え、その間様々な脂肪燃焼の試みや商品が考案され世に送り出されてきました。

しかしその時々におけるヒット商品はあっても、日本人特有の熱しやすく冷めやすい性質のためか、いずれの商品や脂肪燃焼法も一時の流行に終わってししまい、また次の流行に踊らされるという「ルーティン」から抜け出せずにいます。

とはいえこれは未だ脂肪燃焼の方法が確立されていないという事を意味する訳ではありません。

基本的には基礎代謝分の脂肪燃焼は日々行われているので、脂肪が燃え残らないように基礎代謝未満の食事を心がければ良いというだけの事なのです。

しかし多くの人が抱えている脂肪燃焼の悩みは基礎代謝で解決できるものではなく、美味しいものを好きなだけ食べたいが、しんどい運動を毎日続けるのは嫌だという「本能」との戦いなのです。

そして「本能」に抗うために「理性」で立ち向かおうとするのですが、「理性」を維持する事は非常に難しく、また難しいからこそ様々な脂肪燃焼の「商材」が生まれ続けるのです。

ではいったいどうすれば良いのでしょう。

このコラムの冒頭に「ルーティン」というワードを登場させたのですが、脂肪燃焼のカギとなるのも「ルーティン」なのです。

冒頭の話は悪いルーティンの話、すなわち悪循環についての話でしたが、人間は一度習慣化してしまえばそのルーティンからは簡単に抜け出せない一面があるので脂肪燃焼のための「習慣」をルーティン化してしまえばいいという事です。

一例を挙げると「ながら有酸素運動」が効果的でしょう。現代人はスマホ依存と言われるほどスマホと密接な生活を送っていますね。ではスマホを有酸素運動の中に組み込んでしまえば良いのです。

オススメなのは「スマホ+エアロバイク」で、スマホをいじり始めたらエアロバイクにまたがる習慣を身につけてみましょう。

やってみると良くわかりますが、スマホ中は意識が驚くほどスマホに集中しますので漕いでいる時間がどんどん過ぎていき脂肪が燃焼されていきます。

ポイントはスマホいじりが一段落ついたらエアロバイクも止めてしまうという事で主体はスマホにすることが重要です。

有酸素運動は一回当たりの時間も大事ですが、続ける事はもっと大事ですので、うまく「ながら化」させてストレスなく脂肪を燃やしましょう。

普段の生活でできる脂肪燃焼のコツ

脂肪を燃やすには?に関する口コミ・みんなの声4ダイエットは食事制限をしたり過酷な運動をしたりと大変なイメージがあります。しかし、日々の生活でちょっとしたことを心がけるだけで脂肪燃焼の効果があります。

1日だけなら効果が薄くても、毎日心がけていれば自然と体重は落ちていきます。またストレスなどの負担も少ないのでリバウンドの心配もありません。普段の生活でできる脂肪燃焼のコツを紹介します。

・朝食をとる
朝食をとらない方が痩せるのではないかと思いがちですが、これは間違いです。朝食をとらないことにより、昼食や夕食にカロリーを摂りすぎてしまうという調査結果があります。

朝食をとることにより胃腸が動き、体温が上がり、代謝が上がります。

朝食をとらない状態でカロリーを活発に消費するのは難しいです。

朝食は1日の中でも大切な食事なので、朝食はバランスの良い食事をとりましょう。また、食事とは別ですが朝起きたら水を飲むのも良いです。

人は睡眠中に汗をかきますが、そのため寝起きには水分が不足しています。喉の渇きを空腹と勘違いしてしまい、そのため余計なカロリーを摂取してしまいます。

寝起きに水を飲めば代謝も上がり、脂肪を体内から排出するのを促してくれます。

・体を動かす
体を動かすことは脂肪燃焼効果があるのは当然ですが、朝起きてストレッチやウォーキングなどをすると効果的です。

朝運動をすると基礎代謝が6時間程度上がった状態になるといわれてます。

ラジオ体操やストレッチなど5分程度の簡単な運動でも良いです。

時間に余裕があるときは、ウォーキングやジョギングなどをすることがおすすめです。

仕事場などで椅子に座って仕事をしているときは、椅子に座ったまま歩いたふりをしたりなどちょっとした運動を心がけることが脂肪燃焼のコツです。

・睡眠をしっかり取る
睡眠を取ることはとても大事なことです。睡眠が少ないと肥満になりやすいです。

1日7~8時間程度の睡眠を取ると良いでしょう。また、熟睡することがとても大切で熟睡せずにベットに横になっている人と、熟睡して寝ている人では3倍近く多く痩せたという研究結果があります。

熟睡するためにも日々ちょっとした運動をすることが大切です。

自身の生活の中でちょっとしたことを意識するだけでダイエットに繋がります。

今回紹介しました脂肪燃焼のコツはとても簡単なので、自身の生活を取り入れてみてはいかがでしょうか。

脂肪を効率よく燃焼させるコツはコレ!

脂肪を燃やすには?に関する口コミ・みんなの声5脂肪を燃焼させるにはどんな方法があるでしょうか?「運動」「入浴」「マッサージ」など様々な方法が思い浮かびます。しかし、試してはみるものの、うまくいかずに諦めてしまうことが多いのが現実。諦めずに長く続ける方法を考えてみましょう。運動は大切です。無理なく続けられる運動、例えばウォーキング。ウォーキングなら手軽に始めることができます。

早足で歩けば燃焼率もアップします。こまめに水分を補給すると効果は一層アップ。1回のウォーキング時間は最低でも30分は必要です。坂道や階段はより効果的です。歩くだけで、本当に脂肪が燃焼するのだろうか?そんな疑問をお持ちの方もいらしゃることでしょう。

しかし、速足のウォーキングが脂肪を燃焼させて、筋肉の増強につながることは医学的なレポートでも発表されています。ジョギングなど過激な運動よりも万人向けですので、老若男女を問わず行うことができます。筋肉が増えると、代謝率がアップして脂肪燃焼も促進されます。両腕を振りながら、大股に足を出してみましょう。

深呼吸をして、周囲の風景を観察しながら歩くのは楽しいものです。同時に、摂取する栄養にも気を配ることも大切です。筋肉を作る役割に不可欠なのがタンパク質。タンパク質を多く含む食品にはどんなものがあるでしょうか。お肉、お魚、乳製品、豆類、卵などは良質なタンパク質の含有量が多い食品です。ウォーキングとあわせて、高タンパクな食事を心がけると筋肉を増やすことができます。

筋肉が増えれば代謝率がアップし、脂肪の燃焼率も増強します。代謝の良い体を作る。これは脂肪燃焼の基礎です。代謝率の高い体を得れば、同じ量の食事を摂取しても脂肪の代謝率が上がります。カロリーを気にすることなく美味しく食事を楽しむ。そして脂肪はちゃんと燃焼してくれる。夢のような話ですね。しかし、これは夢ではなく科学的な事実です。手軽に始められる運動「ウォーキング」と高タンパクな食事を併用して「代謝率の高い体」を作る。これこそが、脂肪を燃焼させる奥義と言えそうです。

脂肪燃焼には何が大事になってくるのか?

脂肪を燃やすには?に関する口コミ・みんなの声6これまでにどういう風にしたら脂肪燃焼が上手くできるか悩んだ事がある人も多いと思います。ですが、多くの人は脂肪燃焼に興味があると言いながらもそのために何か行動を起こしません。

確かに脂肪燃焼をさせるのは口で言うのは簡単ですが、実際に脂肪燃焼させるのはかなり大変です。ですが、だからと言って何もしなければ永遠に脂肪燃焼はできません。

では、どういう風にして脂肪燃焼させたら良いのかというと一番良いのはやはり有酸素運動をする事です。

それでかなり健康的に脂肪燃焼が可能になります。ただ、それができれ苦労はないと多くの人は思うかと思います。

ですから、そういう人はもっと別の方法で脂肪を燃焼させる方法もあります。それは飲食物に気を付ける事です。

実はこれが一番脂肪燃焼に必要なもので有酸素運動以上に脂肪燃焼に効果があります。では、具体的にどういう物を摂取したら良いのかというと、私がおすすめするのは

難消化性デキストリンが入った飲食物を摂取するのが良いです。

それで脂肪の吸収を抑える事ができるようになるので、かなり楽に脂肪を溜め込まないようになります。また、これ以外にも体脂肪減らす効果があるケルセチン配糖体が入った食品を毎日摂取するようにするだけでもかなり脂肪燃焼に大きく貢献します。

ですから、これまで脂肪燃焼したいと思っていながらも特に何もしてこなかった人はまずは有酸素運動を始めるか脂肪燃焼を助ける食品を毎日摂取する事をおすすめします。

それで思った以上に簡単に脂肪燃焼が可能になります。事実私は脂肪燃焼に効果があるもの毎日摂取するようになってから皮下脂肪の減少を目で見て確認できました。

ただ、上記の有酸素運動をしたり脂肪燃焼に役に立つ食品を食べてもいずれも最低でも半年以上は継続しないと変化はないです。

なので、これから脂肪燃焼を本気でやってみたいと思うなら上記の事を毎日欠かさずする事をおすすめします。それで脂肪燃焼が思った以上に楽にできます。

お風呂に入って脂肪燃焼をしています

脂肪を燃やすには?に関する口コミ・みんなの声7私は脂肪燃焼させるために、いろいろなことを試していますが、歩いただけではなかなか脂肪が燃焼されないことを数歩計で知りました。

それで、お風呂に入る時に、5分湯船につかったら、一旦出て、体を洗ったりして、また5分間湯船に浸かり、また出て、そしてからまた湯船につかる、というような動作を繰り返して脂肪燃焼をしています。これはかなり効果を感じることができて、脂肪が燃焼されているようです。

台所立って作業をしている時にも、両足を広げて、そのままスクワットのように膝を曲げて上下運動をするようにして脂肪燃焼を促しています。

動くことが脂肪燃焼には必要で、じっとしていては脂肪燃焼は望めません。動くことが大事で、マーケットに買い物に行って、重い荷物を持って歩いて帰ってくるのですが、その時に早歩きで歩いて運動するようにしています。

私は脂肪を燃焼させる前に、できるだけ脂肪を摂らないようにしています。それでも脂肪はついてしまいますから、それを燃焼させるためには、軽いストレッチをしたり、ラジオ体操をしたりして体を動かすようにしています。特にラジオ体操は真面目にすると全身運動になりかなりの脂肪燃焼に効果が発揮されるのです。

脂肪燃焼のためには腹筋もとても効果があります。私はワンダーコアスマートを使って腹筋しています。倒れる時に力が必要で、起き上がる時には割と楽で苦しいことがないので、手軽に腹筋ができます。お腹周りの脂肪の燃焼にはとても効果があって、最初にワンダーコアスマートを使った時にはかなり腹筋に筋肉痛があるくらいでした。

筋肉痛が起こるということは、それだけ筋肉を使っているということで、それだけ脂肪も燃焼されているということです。一番脂肪がきになる下半身を中心に脂肪を燃焼させることができるのはワンダーコアスマートの良いところで、場所をとらないというところもとてもいいと思います。ただ単に歩くよりも器具を使ったほうが効果があります。

ゆっくり毎日の習慣にして脂肪燃焼を楽しもう

脂肪を燃やすには?に関する口コミ・みんなの声8脂肪燃焼で有効なのは食事のカロリー制限、有酸素運動を生活に取り組むことです。

カロリー制限を始める前に食事日記をつけましょう。メモ帳やノート、スマートフォンで写真を撮るのも簡単です。期間は一週間程度、自分が何をどのくらい食べているかを把握できます。

記録を元にwebで基礎代謝を計算してみましょう。基礎代謝は生きていく上で必ず必要になるカロリーです。食品のカロリーはwebで簡単に調べることができます。自分で計算するのもいいですし、カロリーコントロールを目的としたwebサイトを利用するのも便利です。基礎代謝に合わせ、食事のこんだてを決めていきます。

なぜ必要かというと、食生活の見直しで炭水化物が多い、たんぱく質が少ないなど具体的に知ることができます。運動効果を上げるためには不要なカロリーを減らし、十分な栄養が必要です。特にたんぱく質が少ないと効果が半減してしまうので注意してください。

有酸素運動は脂肪燃焼を高めてくれます。運動が得意な人はマラソンや水泳で大きなカロリー消費を期待でき、不得意な人は踏み台昇降や散歩がおすすめです。踏み台昇降のメリットは雨の日でも実行することができ、継続が期待できます。専用の踏み台を購入したり、本や雑誌を数冊束ねて固定することで簡易踏み台を利用できます。お気に入りの音楽を聴いたり、テレビを見ることができるので導入しやすいでしょう。三十分前後が目安です。

散歩は季節を感じることができ、良い気分転換になるでしょう。もし自転車や車を多く利用する人なら○○に行く時だけは徒歩と決めるだけでも運動量を増やすことができます。雨の日や寒い日などは踏み台昇降と併用するのも一つの手です。

一度習慣になると楽ですが、今度は逆に休むことに抵抗を感じるようになります。カロリー制限は好きな物が食べられない、急な予定で外食する時もあるでしょう。有酸素運動なら今日は運動する日なのにできなかった、体調が悪いけど頑張らなくてはと無理をしてしまいがちです。不安がよぎるのは効果が出始めた時期です。今までの苦労が水の泡になる、そんなストレスで生活に余裕がなくなっていきます。

もしそんな変化が訪れた時は、一回休みましょう。カロリー制限なら一日だけ気にせず食べる、有酸素運動なら体を労わってください。脂肪燃焼は長期戦です。数ヶ月で効果を出そうとは思わず、半年から一年を基準にしてください。終わらせ方も大切です。理想の体型に近づいたら徐々にカロリーを増やしていきます。基礎代謝分のカロリーのみだと、いざ活動する時にスタミナ切れを起こします。有酸素運動も一度中止し、問題ないようなら継続は自由です。

編集・執筆・サイト管理

きゃるおっと
きゃるおっと
他力本願ダイエッター。ダイエットのうんちく大好き。ダイエット商品が大好物。これまでemsマシンは6種類、加圧シャツは13種類以上購入してきた。加圧シャツに至っては人にプレゼントして実際に試してもらってまでその効果を検証するほどの入れ込みよう。痩せたいというよりむしろダイエット商品が大好きな人間と言える。
利用規約・運営者情報はこちら